HOME >さつま町地域ケア研修会

第2回 さつま町地域ケア研修会

「住み慣れた地域で豊かに暮らすには」
地域の“支え合い”を考える ~住民流福祉の在り方~

私たちは「福祉」というと「専門家のやること」と考えてしまいがちです。
でも、公的なサービスだけで本当に大丈夫でしょうか。住み慣れた地域で「豊かに」暮らし続けるには、専門家の力だけではなく、住民同士の助け合い・支え合いが不可欠です。
「それはわかるけど、どうしたらいいの?」そんな悩みに皆で向き合いませんか。

この研修では、都市部から山間部まで様々な地域で、住民の手による住民のための福祉を追求してきた先生から、自分たちでできる「支え合い」の在り方を学びます。

【開催要項】

日時:平成29年1月24日(火)13:30~16:30
会場:クオラリハビリテーション病院(さつま町船木2311-6)
   5階クオラホール
定員:200名 
参加費:無料

ご家族の介護をしている方、終末期ケアに関心のある方、
医療・福祉のお仕事をしている方…。

どなたでもご参加いただけます。

駐車場・FAX申し込み書はこちらをご覧ください。

地域ケア研修会チラシ